初めて報酬が発生するまで

 

パパアフィリエイターとしてアフィリエイトに取り組み始めて、1年がたつ。初めて報酬が発生した日は今でも忘れられない。報酬が発生するまで、本当にこれでいいのかと思い悩んでいたからだ。私がアフィリエイト始めた時には、サイトの作り方やドメインの取り方すらわからない状態からだ。無料ブログで始めるのがいいと聞き、始めたものの、アフィリエイト業界では無料ブログはもう使えないと言われてた頃だった。

 

アフィリエイトを始めたころの辛さ

 

そのタイミングですぐにコンサルをつけたのは良い判断だったと思う。コンサルをつけることで、費用も高いし、新しいことに取り組む作業的な負荷もかかる。しかも、自分には本業もあり、本業でも取り組まなければならないことは山ほどある。そんな中で、本業をこなしながら新しい知識や技術を身につけるのは並大抵のことではなかった。しかも、私の場合はすでに子どももいたので、作業時間もすべてを自分に割くことはできなかった。

 

コンサルをつけるメリットとデメリット

 

苦しいコンサル期間を終えても、ついに発生することはなかった。はじめから、成果が出るまでは時間がかかると言われていたこともあり、ある程度予想は出来たが、それでも辛い。しかし、コンサル期間では、進むべき道すじが示されているので、自分のやっていることは確実に成功に向かっていると信じながら作業できる。このメンタル的な負荷が軽くなることはコンサルをつけるメリットのひとつだろう。

 

アクセスは毎日0~5

 

コンサルを受けて、かき続けていたサイトをコンサル期間が終わっても更新し続けた。もちろん、ミニサイトの場合は数も必要なので、新たにサイトをコンサルの教えを思い出しながら立ち上げることも行っていた。アクセスを見れば、毎日絶望する日々。アクセスが全くない日もあれば、1アクセス検索からきただけで、手ごたえを感じているようなそんな時期だった。

 

いつものように記事を書こうとしたときに

 

アフィリエイトをはじめて、4カ月もたったころ、いつものようにPCを開けて記事を書こうとしたら、始めて報酬発生の画面になっていた。あまりの唐突さに、一瞬空白の時間が流れたが、「これで成功への道すじをひらける!」と喜んだものだ。毎日毎日、ぐったりしながら、うつろな目で本業に取り掛かっていたころ、この報酬発生は私の目を輝かせてくれた。

 

運命が変わると本気で思った

 

初報酬発生のうれしさをコンサルに送った。何もわからないところからコンサルを受け、初報酬まで導いてくれたコンサルに感謝の気持ちを伝えた。これで運命が変わると思った。本気で思った。このままかき続けていれば、この報酬発生の頻度があがり、やがて、目標の金額に届くだろうと。

 

1年経っても何も変わらない現実

 

しかし、1年経った今、現実は何も変わっていない。変わったものは、1年という時間が過ぎたことと、家族それぞれの年齢が1つ増えたということだ。親世代、妻、子ども。それぞれの年代で抱える問題が変わってくる。そして、その初報酬が発生したサイトからは、現在まで2回目の発生はない。たまたまサイトを訪れた人が買ってくれたラッキーパンチだったようだ。本気で稼ぐ力をつけるには、何かを変えていく必要がある。